ー 海老名でラグビーワールドカップ2019™日本大会開幕戦のパブリックビューイング開催

海老名でラグビーワールドカップ2019™日本大会開幕戦のパブリックビューイング開催

2019年9月20日(金)、海老名駅 駅間芝生広場にて、ラグビーワールドカップ2019™日本大会開幕戦のパブリックビューイングが行われました。ロシア代表チームの公認キャンプ地となっている海老名市で、日本対ロシアの開幕戦を楽しむ様子を写真とともにお伝えします。

駅間芝生広場があっという間に満員に!

会場となった駅間芝生広場には、18時前から入場待ちの列ができ、オープンと同時にステージ前のいす席は満員に。他にもゆっくり食事が楽しめるテーブル席や、レジャーシートを広げられる芝生席が用意され、さまざまな年代のファンたちが集いました。
会場後方には、ケータリングコーナーが用意され、地元・海老名の名店が作る焼き鳥や富士宮やきそば、タコスとポテトなどの販売車が並びます。そしてラグビー観戦に欠かせないハイネケンビールの販売車の姿も。

パブリックビューイングの会場となったのは、小田急線・相鉄線海老名駅とJR相模線海老名駅の間駅にある芝生広場。

パブリックビューイングの会場となったのは、小田急線・相鉄線海老名駅とJR相模線海老名駅の間駅にある芝生広場。

名称発表のための除幕式が行われ、白い膜が取り外されました。

受付前には、入場待ちの列が!予定より時刻を早めての入場となりました。

スクリーン前のいす席は、あっという間に満員に!

スクリーン前のいす席は、あっという間に満員に!

後方の芝生席は、家族連れに人気でした。

後方の芝生席は、家族連れに人気でした。

ケータリングコーナーには移動販売車が並び、ファンのおなかを満たします。

ケータリングコーナーには移動販売車が並び、ファンのおなかを満たします。

ラグビー観戦に欠かせないハイネケンビールも!販売車には長い行列ができていました。

ラグビー観戦に欠かせないハイネケンビールも!販売車には長い行列ができていました。

いよいよ中継開始!

18時半からは、開会式の模様が放映され、会場からも大きな拍手が沸き起こります。その後、休憩をはさみパブリックビューイングのオープニングセレモニーが行われました。 スピーチに立った海老名市長 内野優さんは「ロシアは海老名がキャンプ地です。それを思いながら、日本も応援して、今日は楽しいひとときを過ごしてください」とキャンプ地となったロシアとの縁を紹介。えびなラグビーサポーター団長、海老名市議会議長 倉橋正美さんは「今日は開幕戦です。日本対ロシア、どちらの国を応援していても、この会場から熱い思いを東京スタジアムに届けられるように、応援よろしくお願いします!」とファンたちと気持ちをひとつにして会場を盛り上げます。
キックオフとなる19時45分には、会場は立ち見の人であふれるほどに。日本とロシア、どちらの好プレーにも拍手と歓声が飛び交い、盛り上がりは最高潮に達します。親子連れから仕事帰りのビジネスパーソン、制服の学生まで、一体感ある試合観戦を楽しみました。

スピーチに立った海老名市長 内野優さん。「ロシアは海老名がキャンプ地です!」と会場を盛り上げました。

スピーチに立った海老名市長 内野優さん。「ロシアは海老名がキャンプ地です!」と会場を盛り上げました。

続けて、えびなラグビーサポーター団長、海老名市議会議長 倉橋正美さんの挨拶がありました。

続けて、えびなラグビーサポーター団長、海老名市議会議長 倉橋正美さんの挨拶がありました。

キックオフの時間には、会場にも多くの人が詰めかけました。

キックオフの時間には、会場にも多くの人が詰めかけました。

家族で応援する人も多く和やかに盛り上がる会場。

家族で応援する人も多く和やかに盛り上がる会場。

好プレーのたびに、会場に拍手と歓声が飛び交います。

好プレーのたびに、会場に拍手と歓声が飛び交います。

スクリーンの側は熱心なファンも多く、盛り上がりも最高潮に!老若男女に関わらず、一体感ある試合観戦を楽しみました。

スクリーンの側は熱心なファンも多く、盛り上がりも最高潮に!老若男女に関わらず、一体感ある試合観戦を楽しみました。

その他のViNA GARDENS 情報はこちら

ViNA GARDENS
レポート一覧に戻る

リーフィアタワー海老名リーフィアタワー リーフィアタワー海老名ブリスコート 小田急電鉄 ViNA WALK
ビナガーデンズスペシャル対談 ビナガーデンズテラスオープン 小田急ポイントカード

PAGE TOP